健康コラム COLUMN

がんの話〜うちのばあちゃん③〜

平成30年10月1日

(前回までのあらすじ:僕のばあちゃんは今年89歳。毎月、日本中を飛び回って旅行をし、毎日1時間のウォーキングは欠かさず、頭の回転も速いから会話もオモロいし超元気です!

そんな元気印のばあちゃん、3度の手術経験がありそれも全て癌です!67歳の時の胃がん、71歳の時は乳がん。そして乳がんから5年後、3度目の癌とは?)

 

乳がんの手術から5年がたち… 主治医の先生から、

「胃がんが術後9年。乳がんも5年が経過したので、もう大丈夫でしょう!」と言われるも、

「先生、このまま来んのはちょっと心配なけんCTだけしとって。」 とばあちゃん。

さすが!!抜かりないです! 「じゃあ、念のためにCTだけ撮っときましょうか。」

すると…

 

左肺にハケの様にうーっすらと影が

「ん?影が見えよるね~。でもコレじゃぁわからんけん。しばらく様子見ましょう!」

と、帰ってくるも、しばらくして再検査をすると、ハケの様な影が塊になってきていました!!!

 

「ありゃ!こりゃいかん!!」 って事でPET-CTで検査。

そう。まさかの…肺がん発覚!! この時76歳。

 

「普通高齢の方には手術はしないんですけど、鈴木さんは元気そうだし、他に転移もないから、手術ができますけど、どうしますか?」 とお医者さんに聞かれ、 「一度しかない人生だ!そう簡単に死んでたまるかっ!」と手術を決意!! 左肺を2/3切除しました。

 

この時で癌の手術は3回目。

本人も手術に慣れてきてて、先生が 不安を和らげるような声かけをしてくれるも

「いや~もう3回もしとるけん大丈夫大丈夫!」と余裕のばぁちゃん☆

 

しかも手術が始まる直前、執刀医に、

「先生!左の肺じゃけんな~右でないんで。間違えんとってよ!」だって(笑)

間違うかいっっっ!!!! 手術直前まで笑わせてくれます。

こうして76歳の高齢にして 肺を2/3切除… 手術後、わずか2週間でさっさと退院!!

この時に看護師さんから

「鈴木さん、回復が早いし元気やね~。何か別の物飲んでるん?先生もビックリしとるよ。」

って言われたそうです。やっぱり回復のスピードが違うんでしょうね☆

 

そしていよいよ内服の抗がん剤治療…

 

つづく

がんの話〜うちのばあちゃん②〜

平成30年9月15日

うちのばあちゃん①の続き〜

 

胃がんで胃を2/3手術で取って治療が終わった、 その3年後のことでした。

「乳がんにならんように、自分で気をつけとかなぁ~。」と思って、 お風呂場でいつものように乳房を触ってチェックしていると… 「ん?なんかシコりのようなものがあるぞ…?」 と、しこりを発見!!!

 

これはいかん! と思って次の日に病院に行くと…

 

エコー検査で… ゴマ粒大の大きさの腫瘍を確認!!

最初は、 「これは良性の可能性があるから大丈夫だと思いますけど…」 と言われていたけど、

結局…悪性!!!

71歳の時に乳がん発覚!!

 

この時は温存療法で腫瘍を手術で取り除いて、1ヶ月間の放射線療法。

その後は女性ホルモンを抑えるクスリ(タモキシフェン)を飲んでみるも、 肝臓の数値が高くなって中止。。。

結局は手術でガンを取って、1ヶ月の放射線治療だけでした。

乳がんの時も胃がんの時と同じように、外科的治療だけ病院でお願いして、

身体の中は自然薬でとにかく自然治癒力を上げて体力をつける!!

そんな調子でみるみる元気を取り戻して来て、

また元気なばぁちゃん炸裂です!!

 

海外旅行も行ったり、国内旅行も行ったり、元気ハツラツです。

 

そして乳がん発覚から5年がたち… 調子も良くなり、

検査の為に定期的に通院していた 主治医の先生から、

 

「胃がんが術後9年。乳がんも5年が経過したので、もう大丈夫でしょう!」

 

と言われ、通院生活にピリオドを打とうとした瞬間…

「先生、このまま来んのはちょっと心配なけんCTだけしとって。」 とばぁちゃん。

 

さすが!!抜かりないです! 「じゃあ、念のためにCTだけ撮っときましょうか。」

 

と先生が検査をしてくれました。

 

すると…

 

 

つづく

がんの話〜うちのばあちゃん①〜

平成30年9月1日

今年88歳の僕のばぁちゃん。

月に2回は日本中を飛び回って旅行をしてます☆ 今でも毎日1時間のウォーキングは欠かさず、 頭の回転も速いから会話もオモロいし超元気です!

ばぁちゃんの手術経験は3回。

内容は… 全て癌です!

そう。 ばぁちゃんは3度の死線を潜ってる 癌サバイバーなんです!!!

最初の癌は今から21年前。 67歳の時… 足が痛くて病院にかかってたそうです。

何度か通院をして良くなったので、

 

「じゃあ治療はこれで終わりです。」

 

とお医者さんに言われ帰ろうとした時… 「先生。久しぶりにバリウムだけ飲ませてくれんの?」 とばぁちゃん。

実は少し前からなんとな~く胃がもたれる様な感じがしてたそうです。

でも、特に気にする事もなく生活をしてて、最後だからついでに♪ くらいの感じで胃の検査(バリウム)をしてもらうと、 胃にバリウムがしみるんだそうです!! こんな事これまでに経験した事ない!

先生に話すと、 「ちょっと詳しく調べましょう!」 って事になって… 病理検査で、胃がんが発覚!!  最初に胃がんが分かった時はそれはそれはショックだったでしょう。

特に超心配性のばぁちゃんだから、それは精神的ダメージは大きかったと思います。

 

Dr.「とりあえず、そこまで進行もしてないけど、がん細胞がここから広がったらいかんから!取りましょう!!!!」

とお医者さん。

祖母「どれくらい取るんですか……?」

Dr.「そーじゃね~。胃の下側の2/3は切らんといかんやろね~!」

祖母「え!!!!そなにガンも大きないのにそんなに切るんですか!?ほんなら胃が残り1/3になってしまうじゃないですか!?」

 

という訳で… 手術で2/3切除!!

 

術後は抗がん剤もせずに、最初は食事はあまり食べれなかったけど、比較的元気だったそうです。

外科的な治療は病院でやってもらって、身体の中を元気にする為に自然薬をのんでました。

そのお陰か、切った胃もドンドン再生してきて普通のご飯を食べれるようになりました。

 

元気になってくると、いつものばぁちゃん炸裂です!

 

海外旅行に国内旅行に、よくしゃべるし、よく動くし!

 

元気な日が続いたある日… 胃がんはキレイに取ってしまったけど、

「乳がんにならんように、自分で気をつけとかなぁ~。」と思って、 お風呂場でいつものように乳房を触ってチェックしていると… 「ん?なんかシコりのようなものがあるぞ…?」 と、しこりを発見!!!

胃がんで胃を2/3手術で取った、 その3年後のことでした。

 

これはいかん! と思って次の日に病院に行くと…

 

つづく。