健康コラム COLUMN

【魂が打ち震える⑧】愛媛 香川 四国中央市 新居浜 西条 自然薬 漢方薬 漢方 生理痛 更年期 ストレス 自律神経

平成31年10月14日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

今回は私の人生に大きく影響を与えた「講演」の世界をお伝えしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京に出てたまたま焼き鳥屋さんでたまたま隣同士に座った田端さんに強烈に惹かれ、

田端さんの元で働いていると、田端師匠からの命令でバーを出店するための有名ホテルの厨房へ修行へ行きます。

そこで田端さんから仕込まれた4つのルールを徹底して守っていると、

料理長から気に入られ、

トントン拍子に、先輩たちをごぼう抜きしてバーテンの修行をさせてもらえるようになりました。

 

 

全てはあの怖かった料理長のおかげです。

そしてその数ヶ月後に六本木に小さなショットバーを開業することができました。

 

開店の日には料理長自らが料理を担当してくれ、ホテルの先輩も大勢で手伝いにきてくれました。

その後、ショットバーは人が入れないほど大繁盛したそうです。

 

 

それから数年が経ち…

田端師匠の所を卒業した中村氏は無一文から身を起こし、伊勢でレストランウエディング事業を展開。

 

広告は一切しなくても口コミだけで広がり、多くの若者たちの指示を得て大繁盛しています。

さらに北海道や沖縄で「ひきこもり・ニート」と呼ばれる若者を集め、

農業「耕せにっぽん活動」を始めています。

中村氏の講演は口コミで広がり、今では年間300本以上の講演を何年も続けて全国から引っ張りだこの忙しさです。

 

 

私は中村氏の講演に行ったり、CDを何十本も聞いて気づいたことがあります。

「この人は人間が大好きなんだ」と。

 

中村氏は三重県の山奥の村で育ちました。人間よりも猿の数が多い所だったそうです。

子供の頃は村の人全員が知り合いです。

山や川が遊び場。こんな大自然の中でまっすぐに育ったんでしょうね。

人懐っこい気質がこの場所で育ったんだと思います。

 

中村氏のお母さんがこれまたすごい人なんです。

旅の途中で村に立ち寄った若者を家に泊めてあげて、食事は作ってあげる、洗濯はしてあげる。

そんなことはしょっちゅうだったそうです。

あまりに居心地がいいので5日も泊まった若者もいたんだとか。

そして若者が帰るときにはまるで家族と別れるかのように別れを惜しんだそうです。

 

こんなお母さんを身近に見て育ったんですから人間大好きな青年になるわけですよね。

何しろ職務質問をしてきたおまわりさんと友達になったり新幹線の隣の席に座った人と親しくなって、

人生の節目のときにその人たちが協力してくれたりするんですから。

 

一度中村文昭氏の話を聞いてみたいと思う方はお店でお申し付けください。

私のCDをお貸しします。

「人間っていいものです。人間って捨てたものじゃないです。」

そんな気持ちにさせてくれますよ。

 

私は中村氏がよく話している次のフレーズが大好きです。

「私は皆さんのように何々になりたいとか、何々をしたいとかの夢を持ちませんでした。

それよりも『師匠の4つの教え』を忠実に守っていたら今のようになっただけです。

流れに身を任せて精一杯やってみる。ただそれだけです。」

 

「流れに任せてみる」

とても奥の深い言葉ですよね。

 

 

魂が打ち震える話シリーズ①〜⑧

おしまい。

【魂が打ち震える⑦】愛媛 香川 四国中央市 新居浜 西条 自然薬 漢方薬 漢方 生理痛 更年期 ストレス 自律神経

平成31年10月7日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

今回は私の人生に大きく影響を与えた「講演」の世界をお伝えしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京に出てたまたま焼き鳥屋さんでたまたま隣同士に座った田端さんに強烈に惹かれ、

田端さんの元で働いていた、ある日、

「おい中村!今度六本木にショットバーをオープンさせる。お前、バーテンの修行に〇〇ホテルに行ってこい!」

田端師匠からの命令でバーを出店するための修業に有名ホテルの厨房へ勤め始めた中村青年は洗い場の担当でのある日の出来事です。

 
無口で超怖い料理長が、

「おい!誰か手の空いてるやつはいないか?キャベツが切れた!キャベツを買ってきてくれ!」

と大声で叫んでいます。

 

猛スピードで食器洗いをしているので時間に余裕のある中村青年が、

「はい!自分が行きます!」

「おぉ新入りか!どこでもいいから買ってこい!」

お金をもらった中村青年は

「みてろよー!料理長!びっくりさせてやるからな!!」

と厨房を出るまでは涼しい顔をして、厨房を出た瞬間から猛ダッシュ!全速力でキャベツを買ってきました。

 

 

「はい!料理長!!お待たせしましたー!!ゼーゼーハーハー」

と息を切らせ汗びっちょりの中村青年を見た料理長はあまりの速さに唖然。

 

その頃には中村青年は

・返事は0.2秒

・頼まれごとは試されごと!

・できない理由は言わない!

・相手の予測を上回る!

をすっかり自分のものにしていたのです。

 

 

そんなことがあってから料理長は何かあるごとに

「おい!中村はおるか?〇〇買ってきてくれ!」

と中村青年を使うようになりました。

 

そしていつも息を切らせて汗びっちょりで帰ってくる彼をとても気に入って、

料理長はある日、お酒を飲みに誘ってくれたのです。

 

「中村。お前はなんのためにそんなに一生懸命なんだ?」

質問をされた中村青年は東京へ出流までのこと。東京での生活のこと。

師匠の田端さんから六本木にショットバーを開店するように言われて、バーテン見習いのためにこのホテルに勤め始めたこと。

正直に全てを話したのです。

 

中村青年の話を涙を流しながら聞いていた料理長は、

「お前はなんでそれを早く言わないんだ!皿洗いなんかしてる場合じゃないだろう!馬鹿野郎!

俺がちゃんとバーテンを紹介してやるから明日からそこへ行け!」

 

話はトントン拍子に進み、彼はバーテンの見習いが出来るようになりました。

 

つづく・・・

【魂が打ち震えた⑥】愛媛 香川 四国中央市 新居浜 西条 自然薬 漢方薬 漢方 生理痛 更年期 ストレス 自律神経

平成31年9月30日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

今回は私の人生に大きく影響を与えた「講演」の世界をお伝えしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京に出てたまたま焼き鳥屋さんでたまたま隣同士に座った田端さんの元で働いていた、

ある日のこと、田端さんから呼び出された中村青年。

「おい中村!今度六本木にショットバーをオープンさせる。お前、バーテンの修行に〇〇ホテルに行ってこい!」

田端師匠からの命令でバーを出店するための修業に有名ホテルの厨房へ勤め始めた中村青年は洗い場の担当になりました。

新人は皆んな最初はこの仕事です。

 

一日中、誰とも話すことなく、ただただもくもくと食器を洗うだけの日々が過ぎていきました。

さすがの中村青年も「こりゃぁこのままだとバーテンの見習いに行くことなんて当分無理だな・・・」と不安になりました。

 

でも田端師匠からの教えを思い出した中村青年は、どうせやるなら楽しみながらみんなをびっくりさせてやろう!と思いつきます。

そしてまるで食器洗いのタイムを競うかのように猛スピードで食器を洗い始めました。

 

来る日も来る日も・・・

 

それまでまったく無視していた先輩たちが

「お前なんでそんなに急いで洗いてるんだ?」

と話しかけてくるようになったのです。

「はい!自分、只今、食器洗いの世界記録を目指しているところなんです」

と神経な顔をして答えると、

「ばかだなぁお前は!」と大笑いします。

でも決にバカにした笑いではなくて親しみを込めた笑いなのです。

そうして日がたつにつれて、先輩たちは中村青年を仲間として認めてくれるようになりました。

 

そんなある日のこと。

 

彼の人生を動かす出来事が起こります。

 

つづく・・・