健康コラム COLUMN

時代によって変わってくる治療法

平成30年11月7日

がんに関する本は、その時代や医療の進歩によって書き方が変わります。

今回はそんながんに関する本の今の主流をご紹介したいと思います。

 

5年程前。 本屋さんで山積みにされて計110万部突破した本があります。

『医者に殺されない47の心得』 この本の著者は放射線医の近藤誠氏。

この先生は「がん放置療法」や「がんもどき理論」など現代のがん治療を真っ向から否定する独自の理論を発表して世間に衝撃を与えました!

その時期には近藤先生に乗っかって、日本の3大がん治療(手術・放射線・投薬)を否定する ようながんの本が 沢山でました。

 

そしてその後… 今度は近藤先生の理論を否定する本が沢山出ました!

『近藤誠理論 徹底批判』

『医療批判本の嘘~医者の極論で命を縮めないために読んでください~』

『そのガン放置しますか?』 など。

 

否定のし合いの本は読んでて気持ちいいものではないですが、がん治療の知識のために両者の言い分を交互に読みました。

私の考えでは近藤誠理論は極端すぎると思っています。一理ある!程度ですね。

近藤誠理論に心酔してどっぷりつかってしまうと命を縮めてしまう事も多くあるのでは!?と思わざるを得ません。

 

実際に経過観察するだけでいい甲状腺がん(1㎝以下の低危険度の無症候性微小乳頭がんに限る)のようながんもあると言われていますが、 基本的には3大治療がやはり基本となり、かつ正常細胞を守りながらの治療が大切だと考えています。

西洋医学の攻撃的な治療。東洋医学的な防御の治療。両者のバランスが大切だと思いますね。

攻撃だけの治療だとどうしても副作用によってQOL(生活の質)が落ちてしまいます。

これが3大治療否定の方の意見= 「がん治療を始めるまではあんなに元気だったのに、治療を始めたらみるみる症状が悪化してしまった」 というものです。

 

だから防御に特化した東洋医学的な治療も必要だと思います。

正常細胞を守り、副作用を軽くするためにも!

話は逸れてしまいましたが…

そして今、 がん治療の本でほとんどのお医者さんが訴えること、それは 「がんは不治の病から慢性病の時代になった」 と言う事。

 

今では原因がわかってきている種類のがんもあります。

そして、早期発見の難しいがんや難治がんも含めた全がんの5年生存率が7割近くになりました。 なので早期発見して早期治療をできると治癒率は本当に高いんですね! その事をとにかく訴えています。

 

毎日診療をしていると特にそれを感じるのでしょう。

『がんとの賢いつき合い方』の著者 消化器外科 門田守人先生もその事を強く書かれていました。

門田先生は「キャンサーカフェ」というガンサバイバー(がんを克服した人)をゲストに迎えてトークをするラジオで週に1度パーソナリティーを務めておられます。 診療やラジオや本を通してがんになった時に「自分らしい選択をする事」や「自分らしく生きる事」の大切さを伝えておられます。

 

がん=決してネガティブなものではなくてそれを機に生き方が良く変わった人の話なんかをラジオでもされてるようです。 がんの治癒率がドンドン上がってきている時代だからこそ、 まさに「がんとの賢いつき合い方」なんですね。

がんの話〜うちのばあちゃん④〜

平成30年10月15日

(前回までのあらすじ:僕のばあちゃんは今年89歳。毎月、日本中を飛び回って旅行をし、毎日1時間のウォーキングは欠かさず、頭の回転も速いから会話もオモロいし超元気です!

そんな元気印のばあちゃん、3度の手術経験がありそれも全て癌です!67歳の時の胃がん、71歳の時は乳がん、76歳の肺がん。手術は無事成功してお医者さんたちにも驚かれるほどの回復力を見せたばあちゃん。これから抗がん剤がスタートです)

 
抗がん剤を飲むと身体がキツくなったり、気持ち悪くなったり、とっても副作用が多いんです。

そりゃあそうです。

がん細胞みたいな生命力が強い細胞をやっつける訳ですから、健康な正常細胞ももちろん傷つけられます。

だから、抗がん剤をする時も手術をする時も、

この正常な細胞をいかにして元気にしておくか!

って事が、一番大切!!

 

ばぁちゃんも正常細胞を元気にするために自然薬をしっかり飲みながら、抗がん剤を飲んでました。

 

そしてこんな不思議なことを言ってました。

「抗がん剤を飲んだら気持ち悪くなるんじゃけど、その直後に自然薬を飲むと気分悪くならんので!」って。

 

体力も、最初は5分歩いてもキツくてへばっていたのが今では1時間歩いても全然平気♪

旅行に行ってもいつも先頭 に立って歩いてるんだとか☆さすがです!

 

そんなばぁちゃんが、当時、愛媛新聞のコラムに投稿した所、見事採用! 「幸せいっぱい」っていうタイトルで掲載されました。

 

今や2人に1人は癌になる時代。 言ってみると夫婦どちらかは癌になるくらいの確率なんです!

ならない為に何が出来るか!? なってしまった時に何が出来るか!?

なってしまった時に親身になって相談ができる場所。

お医者さんの手の届かないところをしっかりとケアできる場所。

本音で一緒になって本気になって考える場所を僕たちは目指しています!

 

3つのガンを克服して毎日楽しそうに暮らしているばぁちゃんを見てると、 絶対に絶望ではないって事!

ガン=死ではないって事!!

ガンという病気は、宣告をされた時の不安や恐怖の感情が入り交じってしまって怖い病気だと思うけど、でも、様々な体験をして特に「感謝」の言葉をしょっちゅう言うようになったばぁちゃんを見てると特にそう思います。

ウチのばぁちゃんの体験が一人でも多くの方の希望や勇気になっていただければ嬉しいです。

がんの話〜うちのばあちゃん③〜

平成30年10月1日

(前回までのあらすじ:僕のばあちゃんは今年89歳。毎月、日本中を飛び回って旅行をし、毎日1時間のウォーキングは欠かさず、頭の回転も速いから会話もオモロいし超元気です!

そんな元気印のばあちゃん、3度の手術経験がありそれも全て癌です!67歳の時の胃がん、71歳の時は乳がん。そして乳がんから5年後、3度目の癌とは?)

 

乳がんの手術から5年がたち… 主治医の先生から、

「胃がんが術後9年。乳がんも5年が経過したので、もう大丈夫でしょう!」と言われるも、

「先生、このまま来んのはちょっと心配なけんCTだけしとって。」 とばあちゃん。

さすが!!抜かりないです! 「じゃあ、念のためにCTだけ撮っときましょうか。」

すると…

 

左肺にハケの様にうーっすらと影が

「ん?影が見えよるね~。でもコレじゃぁわからんけん。しばらく様子見ましょう!」

と、帰ってくるも、しばらくして再検査をすると、ハケの様な影が塊になってきていました!!!

 

「ありゃ!こりゃいかん!!」 って事でPET-CTで検査。

そう。まさかの…肺がん発覚!! この時76歳。

 

「普通高齢の方には手術はしないんですけど、鈴木さんは元気そうだし、他に転移もないから、手術ができますけど、どうしますか?」 とお医者さんに聞かれ、 「一度しかない人生だ!そう簡単に死んでたまるかっ!」と手術を決意!! 左肺を2/3切除しました。

 

この時で癌の手術は3回目。

本人も手術に慣れてきてて、先生が 不安を和らげるような声かけをしてくれるも

「いや~もう3回もしとるけん大丈夫大丈夫!」と余裕のばぁちゃん☆

 

しかも手術が始まる直前、執刀医に、

「先生!左の肺じゃけんな~右でないんで。間違えんとってよ!」だって(笑)

間違うかいっっっ!!!! 手術直前まで笑わせてくれます。

こうして76歳の高齢にして 肺を2/3切除… 手術後、わずか2週間でさっさと退院!!

この時に看護師さんから

「鈴木さん、回復が早いし元気やね~。何か別の物飲んでるん?先生もビックリしとるよ。」

って言われたそうです。やっぱり回復のスピードが違うんでしょうね☆

 

そしていよいよ内服の抗がん剤治療…

 

つづく