健康コラム COLUMN

【じいちゃんの魔法の言葉②】

平成31年5月20日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

 

今回は私の祖父の紹介をさせていただきたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

留年するかもしれない事の悩みを祖父に相談した時のこと。

 

『ミミズが土食うたら何食おか?みたいなことを考えるな!』とポツリと一言。

 

「???」

「え?何のこと??」

 

私は何のことやら全然わかりません。

「じいちゃん何のことよそれ!」と思わず尋ねると・・・

 

 

祖父は

「あのな、広い田んぼの中に1匹のミミズがおるわけよ。そのミミズがな、今食べてる土を食べてしもたら、食べる土が無くなる。次は何を食べたらいいのだろうか?と心配しよるわけよ。どうみても一生かかっても食べきれんほどの田んぼの土があるのによ。そんなミミズみたいに先のことを無駄に心配しても始まらんだろう。ということよ!」

その話を聞いて大笑いしたのを思い出します。

 

「先のことを心配するな!取り越し苦労するな!つまらん!」

と言えばいいのに・・・。

 

「ミミズが土食うたら何食おうか?みたいなことを考えるな!」と。

 

このことがあってからこのフレーズが頭から離れなくなりました。

 

私が24才で薬局を開局した時、1日の売り上げは数千円でした。

正直悩みましたね。

このままこれが続いたら・・・どうなるのだろうか?

不安は雪だるまのように日増しに大きくなっていきました。

 

そんな時も祖父は全然慌てず「ミミズが土食うたら何食おうか?」と言って私を勇気付けてくれました。

 

明治・大正・昭和・平成と激動の時代を生き抜いてきた祖父のこの言葉はまるで魔法のように不安な私の気持ちを楽にしてくれました。

 

今では、いろんな人たちの相談を受けるような年齢になりましたが、逆にお客さんから教えられることもあります。

 

ほとんどは人は病気になると病人になってしまいます。

でも、中には病気になっても病人にならない人がいます。

「なってしまったものはしかたない」と病気を受け入れている人がいるんです。

かと言って諦めてるわけではなく、前向きなんです。

「今すべき最善のことを今する!」

「今を精一杯生きる」

という感じです。

 

言葉で言うと簡単ですがこれはなかなか出来ません。

こんな方に出会うと

「じいちゃんと同じ人に会えた!」と嬉しくなります。

 

「ミミズが土食うたら何食おうか?」

という祖父の魔法の言葉が聞こえてきそうです。

IMG_6057

【じいちゃんの魔法の言葉①】

平成31年5月13日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

 

今回は私の祖父の紹介をさせていただきたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私に孫(只今4人)が出来てから、よく祖父のことを思い出します。

小さい頃はあまり笑わない怖いおじいちゃんというイメージでした。

そんな祖父が私の大学受験に付き添って大阪まで連れて行ってくれることになりました。

祖父は若い頃、パン屋の職人として大阪の町を駆け回っていたため、ややこしい大阪の地理をよく知っているという理由からでした。

1285

その後私は、大阪の大学に行くことになり、入学式から生活道具の買い出しまで全て祖父と一緒でした。

思春期で無口な年頃の私と、明治生まれの無口な祖父。今から思い出してもおかしな二人です。

ところが、この出来事があってから、私は祖父のことが大好きになり、帰郷の度に祖父の家に入り浸るようになりました。

 

 

大学生活も2年生、3年生となっていきますと、生活は慣れてくるのですが勉強はとても専門的になり、

とにかくワケのわからない専門用語や薬品名を覚え、理解しなければならなくなります。

「今期は単位取れただろうか?この単位落とすと留年するかもしれんなぁ・・・両親に負担かけるなぁ」

と留年の心配ばかりしていました。

「親には言えんしなぁ」と祖父に悩みを打ち明けた時、祖父はこんなことを言いました。

 

『ミミズが土食うたら何食おか?みたいなことを考えるな!』とポツリと一言。

 

「???」

「え?何のこと??」

 

私は何のことやら全然わかりません。

「じいちゃん何のことよそれ!」と思わず尋ねると・・・

 

つづく

【「人間ってカッコ悪くてもいいんだよ! 人間らしくていいんだ②」 不安定な青春時代にその事を教えてくれた俳優がいました。】

平成31年4月29日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

今回は私の人生に大きく影響を与えた「映画」の世界をお伝えしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画「約束」で円熟期の大女優・岸恵子の相手役として抜擢された萩原健一。

 

この映画の後で彼はあの石原裕次郎の目に止まります。

 

そして有名な「太陽にほえろ」に新人刑事(マカロニ)役として大抜擢されます。

昭和47年のことです。

(「太陽にほえろ」は昭和61年、全718話まで続く)

mZAnQI1NEv6P09CmJBSGZFAla3JjbA1a5one9RK5RcmKoGckZ6wFBCJjXAGMeIW5

ショーケンを前面に出して始まった「太陽にほえろ」は記録的な高視聴率を叩き出していきます。

 

このマカロニ刑事は、今までの刑事ドラマのイメージとはかけ離れていました。

 

正義の味方で強い!

 

と言うよりも、逆に犯人側に感情移入してしまう弱い刑事という役でした。

 

長髪でノーネクタイ。流行りのスーツを着こなして、とにかくよく走る。

でも気が弱くて、人間臭くて腕力もなく、腰が引けちゃってるかっこ良くは無い。

 

それがマカロニ刑事でした。

 

 

昭和47年、私が高校3年の時の作品「そして愛は終わった」という話の中で、旧友・沢田研二(ジュリー当時24才)が犯人役で共演しています。

 

このドラマの最後にショーケンがジュリーを射殺してしまうシーンがあるのですが、

撃った後のショーケンの演技がスゴカッタ!!

 

「ごめんなさい。ごめんなさい。おれ刑事なんかやめた!撃っちゃった。撃っちゃったよ。ごめんなさい。ごめんなさい。」

 

まるで子供のように犯人の前で泣き叫ぶんです。

かっこ悪い!

 

『人を殺すってこんなになるんだ。』

その時、思春期真っ只中だった私にはとてもキョーレツな場面でした。

Cr6xda8VIAAPTbU

実はこれって一切台本には書かれていませんでした。(脚本家談)

 

全てがショーケンのアドリブだったそうです。

そして「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」と彼の主演したドラマは次々に大ヒットしていきました。

 

 

相変わらず彼の演じる役はどれも弱くてかっこ悪くてピーピー泣く弱い人間ばかりでした。

でも、当時の私にとってはそのカッコ悪さがたまらなくカッコ良くてファッション的にもよく彼の真似をしていました。

 

青春ど真ん中だった私にとって

「人間ってかっこ悪くてもいいんだよ。人間らしくていいんだ。」

 

ドラマの中のショーケンがそう教えてくれました。

 

 

今から思えば、一人暮らしで心細い青年期の不安定な私にとってショーケンのドラマは大きな心の支えになっていたのかもしれません。

 

一世を風靡した彼も、その後いろんな事件を起こし、なんども逮捕されマスコミを賑わします。

 

マスコミはショーケンに「ワガママで弱いやつ。めんどくさいやつ」というイメージを植え付けました。

彼は本当に弱いやつだったのでしょうか?

弱さをさらけ出す人ほど真はものすごく強くて優しい人なんじゃ無いかと思っています。

 

 

平成23年から8年間。

妻のリカさんに支えられながら最後まで頑張りました。

最後に人間の本当の強さを教えられたようと気がします。

心よりご冥福をお祈りいたします。

2122697_201811190815151001542611063c