健康コラム COLUMN

【魂が打ち震えた⑤】愛媛 香川 四国中央市 新居浜 西条 自然薬 漢方薬 漢方 生理痛 更年期 ストレス 自律神経

平成31年9月17日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

今回は私の人生に大きく影響を与えた「講演」の世界をお伝えしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京に出てたまたま焼き鳥屋さんでたまたま隣同士に座った田端さん。

田端さんに強烈に惹かれ田端さんと5人の仲間たちと一緒に行商をしながら夜は人生の勉強を。

そんな中、田端さん自身が学生ベンチャーでガンガン稼いでいた話を聞きます。

そして会社が立ち回らなくなり倒産。

そんな時に父親が亡くなったという連絡が届きます。

教師をしていたお父さんの葬儀には800名を超える人が全国から来られ、本気でお父さんの死を悲しんでくれて

「あんたのお父さんのおかげで・・・」

という言葉を次々にかけられた。

 
俺なぁその時に思ったんだよ。

「俺の中にはこんなすごい親父の血が流れているんだ!会社が潰れたくらいでへこたれてる場合じゃない!もう一度立ち直るぞ!」ってな。

正直、悲しみよりも、この親父の子供なんだと言う誇りのようなものを感じたよ。

 

中村!よーく覚えとくといい。親というのは無くなる時は子供にとっていい時にしろ悪い時にしろ、一番いいタイミングで最高のメッセージを残していってくれる。

 

俺の場合は会社を潰して失意のどん底だった時だった。

今から思えば親父の死が俺を蘇らせてくれたと思ってるよ。」

 

田端さんはこれが転機となって考え方を改め、今の生き方に繋がっていきます。

そして「気づき」を得た田端さんの厳しい人間教育の中で彼らは次第に人間力をつけていきました。

 

例えばこんなことを叩き込まれる修行の日々が続きます。

・返事は0.2秒!

・頼まれごとは試されごと!

・できない理由を言うな!

・相手の予測を上まわれ!

 

この6人がただの行商軍団で終わるわけがありません。

ある日のこと、田端さんから呼び出された中村青年。

「おい中村!今度六本木にショットバーをオープンさせる。お前、バーテンの修行に〇〇ホテルに行ってこい!」

反射的に「はいっ!」

と0.2秒で返事をした中村青年。

〇〇ホテルとは聞くと誰でも知っているような超一流ホテルです。

何の経験も知識も無い中村青年。

さてさて、どうなることやら・・・

その時時代は静かにバブルへ突入していました。

 

つづく・・・