健康コラム COLUMN

【魂が打ち震えた③】愛媛 香川 四国中央市 新居浜 西条 自然薬 漢方薬 漢方 生理痛 更年期 ストレス 自律神経

平成31年9月3日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

今回は私の人生に大きく影響を与えた「講演」の世界をお伝えしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幾度となく講演を聞いてきましたが、

初めて自然と涙が溢れた中村文昭氏の講演を紹介します。
三重県の山奥の小さな村(村民よりも山猿の方が多い村)で育ち、自然のん中が遊び場。おやつは自分で調達する。

そんな山奥での生活に嫌気がさして、高校卒業を待ちかねて兄を頼って家出同然で東京に行きます。

東京のとある焼き鳥屋さんでたまたま隣同士になった田端さん。

田端さんの口癖は「なんのために?」

今まで自分の中になかった考え方に強烈な魅力を感じた中村氏は田端さんのところに身を置くことになりました。

 

 

田端さんは当時26才。

いろんなことがあって中村氏と会って時には、3台の軽トラを使って野菜と果物の行商をしていました。

ワケありの若者4名と田端さんの合わせて5名で。

車庫の上の12畳の部屋に中村氏を入れて6名が寝起きし、風呂は週に1回だけ。

1日300円で暮らす貧乏暮らしですが、行商を終えて部屋に帰ってくると田端さんの熱い話が始まります。

中村氏はその話を目を輝かせて聞いていたそうです。

 

西郷隆盛や坂本龍馬、松下村塾を開いた吉田松蔭の話など学校では絶対教えてくれなかった話ばかりです。

そこには田端さんが口癖のように言っている「何の為に・・・」が必ずある。

坂本龍馬が何の為に脱藩までして明治維新に命をかけたのかがちゃんとありました。

 

生活は貧しかったけど、熱い想いがフツフツと湧き上がって来て、毎日が新鮮だったそうです。

毎日いろんな話が語られる中で、田端さんが「何の為に今の仕事をしているのか?」を語ってくれたことがありました。

 

「あのなぁ・・・俺早稲田大学時代の学生時代にベンチャー会社を起業してな時代もあったけどトントン拍子にうまくいって、

やることなすことうまくいったわけよ。

おもしろいように会社は大きくなって社員もどんどん増えていった。

そうするとな、どんどん鼻が伸びていくわけ。

人の話なんか聞かなくなる。

俺のやることが一番なんだ!横からウダウダ言うなよ!ってなるわけだよ。

今から思えばなんとも鼻持ちならない若造になっていたわけよ。

そしてまるで絵に描いたように会社は立ち行かなくなって22才の時に倒産。

上手くいってるとき時はいろんな人が集まってくるけど、上手くいかなくなったら蜘蛛の子を散らすように周りから人がいなくなったよ。

その代わりに借金取りが追いかけてきて天国から地獄へ真っ逆さま。

22才で億という借金を背負うことになった。

そんな時だよ。熊本の実家の親父がなくなったと連絡がきたのは。

 

 

つづく・・・