健康コラム COLUMN

【じいちゃんの魔法の言葉①】

平成31年5月13日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

 

今回は私の祖父の紹介をさせていただきたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私に孫(只今4人)が出来てから、よく祖父のことを思い出します。

小さい頃はあまり笑わない怖いおじいちゃんというイメージでした。

そんな祖父が私の大学受験に付き添って大阪まで連れて行ってくれることになりました。

祖父は若い頃、パン屋の職人として大阪の町を駆け回っていたため、ややこしい大阪の地理をよく知っているという理由からでした。

1285

その後私は、大阪の大学に行くことになり、入学式から生活道具の買い出しまで全て祖父と一緒でした。

思春期で無口な年頃の私と、明治生まれの無口な祖父。今から思い出してもおかしな二人です。

ところが、この出来事があってから、私は祖父のことが大好きになり、帰郷の度に祖父の家に入り浸るようになりました。

 

 

大学生活も2年生、3年生となっていきますと、生活は慣れてくるのですが勉強はとても専門的になり、

とにかくワケのわからない専門用語や薬品名を覚え、理解しなければならなくなります。

「今期は単位取れただろうか?この単位落とすと留年するかもしれんなぁ・・・両親に負担かけるなぁ」

と留年の心配ばかりしていました。

「親には言えんしなぁ」と祖父に悩みを打ち明けた時、祖父はこんなことを言いました。

 

『ミミズが土食うたら何食おか?みたいなことを考えるな!』とポツリと一言。

 

「???」

「え?何のこと??」

 

私は何のことやら全然わかりません。

「じいちゃん何のことよそれ!」と思わず尋ねると・・・

 

つづく