健康コラム COLUMN

がんの話〜うちのばあちゃん②〜

平成30年9月15日

うちのばあちゃん①の続き〜

 

胃がんで胃を2/3手術で取って治療が終わった、 その3年後のことでした。

「乳がんにならんように、自分で気をつけとかなぁ~。」と思って、 お風呂場でいつものように乳房を触ってチェックしていると… 「ん?なんかシコりのようなものがあるぞ…?」 と、しこりを発見!!!

 

これはいかん! と思って次の日に病院に行くと…

 

エコー検査で… ゴマ粒大の大きさの腫瘍を確認!!

最初は、 「これは良性の可能性があるから大丈夫だと思いますけど…」 と言われていたけど、

結局…悪性!!!

71歳の時に乳がん発覚!!

 

この時は温存療法で腫瘍を手術で取り除いて、1ヶ月間の放射線療法。

その後は女性ホルモンを抑えるクスリ(タモキシフェン)を飲んでみるも、 肝臓の数値が高くなって中止。。。

結局は手術でガンを取って、1ヶ月の放射線治療だけでした。

乳がんの時も胃がんの時と同じように、外科的治療だけ病院でお願いして、

身体の中は自然薬でとにかく自然治癒力を上げて体力をつける!!

そんな調子でみるみる元気を取り戻して来て、

また元気なばぁちゃん炸裂です!!

 

海外旅行も行ったり、国内旅行も行ったり、元気ハツラツです。

 

そして乳がん発覚から5年がたち… 調子も良くなり、

検査の為に定期的に通院していた 主治医の先生から、

 

「胃がんが術後9年。乳がんも5年が経過したので、もう大丈夫でしょう!」

 

と言われ、通院生活にピリオドを打とうとした瞬間…

「先生、このまま来んのはちょっと心配なけんCTだけしとって。」 とばぁちゃん。

 

さすが!!抜かりないです! 「じゃあ、念のためにCTだけ撮っときましょうか。」

 

と先生が検査をしてくれました。

 

すると…

 

 

つづく