健康コラム COLUMN

がんの話〜うちのばあちゃん①〜

平成30年9月1日

今年88歳の僕のばぁちゃん。

月に2回は日本中を飛び回って旅行をしてます☆ 今でも毎日1時間のウォーキングは欠かさず、 頭の回転も速いから会話もオモロいし超元気です!

ばぁちゃんの手術経験は3回。

内容は… 全て癌です!

そう。 ばぁちゃんは3度の死線を潜ってる 癌サバイバーなんです!!!

最初の癌は今から21年前。 67歳の時… 足が痛くて病院にかかってたそうです。

何度か通院をして良くなったので、

 

「じゃあ治療はこれで終わりです。」

 

とお医者さんに言われ帰ろうとした時… 「先生。久しぶりにバリウムだけ飲ませてくれんの?」 とばぁちゃん。

実は少し前からなんとな~く胃がもたれる様な感じがしてたそうです。

でも、特に気にする事もなく生活をしてて、最後だからついでに♪ くらいの感じで胃の検査(バリウム)をしてもらうと、 胃にバリウムがしみるんだそうです!! こんな事これまでに経験した事ない!

先生に話すと、 「ちょっと詳しく調べましょう!」 って事になって… 病理検査で、胃がんが発覚!!  最初に胃がんが分かった時はそれはそれはショックだったでしょう。

特に超心配性のばぁちゃんだから、それは精神的ダメージは大きかったと思います。

 

Dr.「とりあえず、そこまで進行もしてないけど、がん細胞がここから広がったらいかんから!取りましょう!!!!」

とお医者さん。

祖母「どれくらい取るんですか……?」

Dr.「そーじゃね~。胃の下側の2/3は切らんといかんやろね~!」

祖母「え!!!!そなにガンも大きないのにそんなに切るんですか!?ほんなら胃が残り1/3になってしまうじゃないですか!?」

 

という訳で… 手術で2/3切除!!

 

術後は抗がん剤もせずに、最初は食事はあまり食べれなかったけど、比較的元気だったそうです。

外科的な治療は病院でやってもらって、身体の中を元気にする為に自然薬をのんでました。

そのお陰か、切った胃もドンドン再生してきて普通のご飯を食べれるようになりました。

 

元気になってくると、いつものばぁちゃん炸裂です!

 

海外旅行に国内旅行に、よくしゃべるし、よく動くし!

 

元気な日が続いたある日… 胃がんはキレイに取ってしまったけど、

「乳がんにならんように、自分で気をつけとかなぁ~。」と思って、 お風呂場でいつものように乳房を触ってチェックしていると… 「ん?なんかシコりのようなものがあるぞ…?」 と、しこりを発見!!!

胃がんで胃を2/3手術で取った、 その3年後のことでした。

 

これはいかん! と思って次の日に病院に行くと…

 

つづく。