健康コラム COLUMN

【花粉に負けない体を作ろう】

平成30年3月7日

「漢方薬って長く飲まないと効かないんでしょ?」

よく聞かれる質問ですが実はそんなことないんです。

漢方薬は即効性のあるものも多くあります。

これからの季節に多い「花粉症と漢方」について書かせていただきます。

 

花粉症は同じ量の花粉を取り込んでも症状が出る人とそうでない人がいますよね?

その違いは何なのでしょうか?

 

漢方的には花粉症は「水毒」と呼ばれます。

鼻水、涙、くしゃみ全て「水」を外に出そうとしている症状ですよね。

つまり花粉症とは体の中の余った水分(水毒)を体が追い出そうとしているだけなんです。

 

水分を取り過ぎたり、甘いものの取り過ぎたり、ストレスなど溜っていませんか?

こういう事が体に水分を溜めやすくするんです。

 

花粉症を改善していくのに2つのポイントがあります。

一つはあったか~いお風呂にゆっくり入ると鼻づまりがスッーっと通りますよね。

これでもわかるように身体を温めてやる事です。

これには身体を温めながら鼻を通してくれる「葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)」という漢方薬を使います。鼻水より鼻づまりが気になる方へお勧めです。

 

もう一つは体に溜まって鼻や喉、目から出てしまっている水分を汗や尿としてちゃんと外に出してやる事です。

これには水分代謝を良くして症状を和らげてくれる「苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)」「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」という漢方を使います。水っぽい鼻水が続くような方にお勧めです。

これだけでなく症状や体質によって一人ひとりにピッタリ合う様に、使う漢方が違うのがスゴイところです。

 

つらい症状をとる事はもちろん大切ですが、

症状をとりながらも体に水分を溜め込まない体を作る事、日頃の養生で花粉症に負けない体作りをする事が大切ですよね。

 

また、漢方では冬の病気は夏から治療するという「冬病夏治(とうびょうかち)」と言う言葉があります。花粉症の時期だけでなく普段から漢方薬を取り入れて体質改善をしておくと次の花粉症シーズンは随分楽に過ごせますよ。