おしらせ&イベント NEWS&EVENT
  • top
  •  > news&event

2018/2/17 うまれてきてくれてありがとうproject5.5章〜伝える〜

平成30年2月1日

うまれてきてくれてありがとうproject 第5.5章~伝える~

【わが子へ伝える『命の神秘と、心が生きる性』のトークライブ】

【日時】2018年2月17日(土)13:00~15:00

【場所】新居浜市総合福祉センター 教養娯楽室

【主催】うまれてきてくれてありがとうproject

【参加対象者】大人のみ(1歳以下の子供は同席可)※それぞれが自由に発言させていただきますので、申し訳ありませんが、言葉が理解できるお子さまの同席はご遠慮ください。

【参加費】1人500円

【後援】新居浜市

【内容】出産、誕生、命の素晴らしさについて考えたり、感じるイベントを開催してきたが、その活動の中で『命の始まる性』について家庭でどう伝えていくか、悩んでいる保護者が多い事がわかった。

テレビ、漫画、雑誌、またスマホやゲーム機等で、子供も簡単に性情報とアクセスできる時代。
学校での性教育は伝えてはいけないことが増える中、商品化された性情報が、子供達の性意識に間違った影響をあたえる前に『正しい性とは何か?』を家庭で伝えていく事の大切さを感じている。

しかしその中で、伝える側である親自身が持つ、性のイメージも大切であることから、まず、私達自身が『性とは何か?』そして『わが子にどう伝えていくか?』を考える、参加型トークライブ。

うまれてきてくれてありがとうprojectの主催者3人が、参加者と同じ親としての立場から、共に考えていく

…と、堅苦しい感じの説明ですが(笑)

ゆるーーーい『性教育について』のトークライブです( ´ ▽ ` )ノ

私達は専門家でもなんでもありませーん。

なので
『どうやって伝えていく?』
『どうやって伝えた?』
など
みんなで考えていって

それぞれが
わが子への伝え方を見つける機会になったらいいな、って思います(*´∇`*)

“命がはじまる神秘的なこと。

誕生、出産は感動する素晴らしいことなのに
なぜ『その前』だけが
隠されるのかな。

子ども達が将来大切な人と
結ばれる日のために。

子ども達自身が
自分で自分を守れるように。”

【出演者プロフィール】

【松本真紀】
西条支部代表。長女20歳、長男17歳。
2010年から親子で楽しめるリトピュアリトミック教室『Ping!Pong♪Pan♡』を東予地区中心に開校
子どもが大好きな歌や手遊び・リズム遊びを通して、親子で一緒に楽しめる場所・同じ子育て世代が集まって子育ての喜びは倍に悩みは半分にできる場所作りを目指す。
何よりも子どもの笑った顔を見るのが大好き。

【鈴木健】
四国中央支部代表。長女4歳、次女2歳。
幼少期に自身が病弱だったのが、自然薬で体質改善をし、その時の経験から薬剤師を志す。
小児科、総合病院、漢方専門薬局の経験を積み、現在、自然薬本舗 鈴木薬局で管理薬剤師を務める。
お父さんとお母さんの「心」と「身体」が元気で余裕があることが、子育てでの感動の感度を高めてたり、子育てを楽しむことに繋がると思い〜出会い・繋がり・楽しく学んで元気になろう〜をコンセプトに毎月、健康教室『まんまの会』を開催中。

【高見佐智恵】
新居浜支部代表。長女22歳、次女17歳、三女16歳。
介護福祉士として働きながら、誕生学アドバイザーとして、『誕生学』といういのちの話を小中学校を中心に、子供達や保護者に伝えている。今年度より産後のお母さん達対象に、ベビーマッサージ等の産後教室を開催。