健康コラム COLUMN

【熱き想いが人を動かす!②】愛媛 香川 四国中央市 新居浜 西条 自然薬 漢方薬 漢方 生理痛 更年期 ストレス 自律神経

平成31年4月15日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

これからその人達に焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

お礼と感謝の気持ちを込めて。。。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伝統薬の素晴らしさを後世に伝え続けてきたO社長も、平成13年に廃業を決意しました。
O社長「ところがどこでどう調べたのでしょうか?

愛用者の方々から連日何十本という電話が会社にかかってきたんです。

『やめないでください』

『やめられると困る』

『私の持病にはこれしか効かない』

と切実な話もたくさんありました。」

 

 

一度はひっそりと辞める決意をしたO社長も、

あまりの反響の大きさに驚き、強烈な愛用者が全国にいることを初めて知ることになりました。

 

 

「自分だけの都合で辞めることはできないんだ!」

と再認識したO社長は長年の人脈を使って継続して製造販売する方向で動き始めます。

運が味方してくれたのでしょうね。

新しい製造及び品質管理基準に適合した製造設備が整っているO薬品さんの所で製造してもらえることができました。

 

それからです。

 

O社長の目が自分の会社だけでなく、全国の伝統薬の保存に向き、そのための活動を開始したのは。

 

O社長「伝統薬を製造している会社はどこも大きな会社ではありません。

大々的に宣伝をしていませんからドラックストアに置かれてもいません。

だから認知度が低いのです。

 

でも何百年の間、私たち日本人が愛用し続けてきた薬ばかりです。

言い方を変えれば私たち日本人の体質気質に合うものばかりが現在まで残ったと言えるのです。

私は大げさな言い方ですが「伝統薬は日本の宝」でもあると思っています。

 

自分の会社の商品のみならず、他社の伝統薬を薬局に紹介するために東奔西走しているO社長の笑顔には自信が溢れていました。