健康コラム COLUMN

【安心感ってどこで売ってるの?②】愛媛 香川 四国中央市 新居浜 西条 自然薬 漢方薬 漢方 生理痛 更年期 ストレス 自律神経

平成31年2月25日

こんにちは!ヒロシです。

c_staff_pic01

くすり屋を40年もやっていますと、いろいろな人達との出会いがあります。

その中でも忘れることの出来ない人たちがいます。

 

その人達との出会いが今の鈴木薬局を形作ったと思っています。

これからその人達に焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

お礼と感謝の気持ちを込めて。。。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回の『安心感ってどこで売ってるの?①』の続きです。

 

 

80才現役薬剤師のB先生の講演が

 

「私たち薬剤師はお医者さんの勉強をせんといかんのよ。」

 

という言葉と共にB先生から出るピーンと張り詰めた緊張感の中で始まりました。

 

 

まるでドラマを見ているような奇跡的な話が、流暢な関西訛りで語られます。

 

口調があの有名な『みやこ蝶々さん』によく似ています。

とってもエネルギッシュでポンポンポンとリズミカルな話し方です。

 

気がつくと会場全体がどっぷりとB先生の世界に引き込まれていました。

 

 

「えっ!?それは大変なことに・・・」

「あぁ・・・そういうことだったんですね!」

「わぁーすごい!」

「その後この方はどうなったんだろう?」

 

次から次へと劇的な症例を聞いているうちに2時間30分があっという間に過ぎていきました。

 

2時間30分間、大勢の人たち、それもプロを前に話をするのって、大変な気力と体力が必要です。

でも、先生は80才とはとても思えないような気力の持ち主です。

 

その気迫は聞いている私たちにもビンビンと伝わってきます。

「そうなんだ!!その気力と気迫がお客さん達に元気と勇気を与えているんだ!」と理解しました。

 

「あなたねぇ!あなたにはまだまだしなければならないことがいっぱいあるでしょう!

くよくよしてる場合じゃないでしょう!そんな弱気でどうするのよ!

大丈夫!大丈夫!きっとよくなるから。」

 

まるで自分の家族に諭すように親身になって話す言葉には慈愛の気持ちがあふれています。

 

もし私や私の家族が重い病気になったらまずB先生に電話で相談しようと思いました。

 

同業者の私にさえもこんな風に思わせる。

なんとなくお分かりになったと思いますが、お客さんはB先生に薬を買いに来てるかに見えて

実は、先生から「安心感」と「病気に立ち向かっていく勇気」をもらいに来ているんです!

 

10年前にB先生の話を聞いて、お医者さんの勉強をしてきたつもりですが、

さてさて・・・私はお客さんに「安心感」を与えることができているのでしょうか?と

自問する今日この頃です。

 

人は人との出会いによって少しずつ変わっていく、

いい出会いがいい人生に繋がりますように。

 

ヒロシでした。