健康コラム COLUMN

がんの話〜うちのばあちゃん③〜

平成30年10月1日

(前回までのあらすじ:僕のばあちゃんは今年89歳。毎月、日本中を飛び回って旅行をし、毎日1時間のウォーキングは欠かさず、頭の回転も速いから会話もオモロいし超元気です!

そんな元気印のばあちゃん、3度の手術経験がありそれも全て癌です!67歳の時の胃がん、71歳の時は乳がん。そして乳がんから5年後、3度目の癌とは?)

 

乳がんの手術から5年がたち… 主治医の先生から、

「胃がんが術後9年。乳がんも5年が経過したので、もう大丈夫でしょう!」と言われるも、

「先生、このまま来んのはちょっと心配なけんCTだけしとって。」 とばあちゃん。

さすが!!抜かりないです! 「じゃあ、念のためにCTだけ撮っときましょうか。」

すると…

 

左肺にハケの様にうーっすらと影が

「ん?影が見えよるね~。でもコレじゃぁわからんけん。しばらく様子見ましょう!」

と、帰ってくるも、しばらくして再検査をすると、ハケの様な影が塊になってきていました!!!

 

「ありゃ!こりゃいかん!!」 って事でPET-CTで検査。

そう。まさかの…肺がん発覚!! この時76歳。

 

「普通高齢の方には手術はしないんですけど、鈴木さんは元気そうだし、他に転移もないから、手術ができますけど、どうしますか?」 とお医者さんに聞かれ、 「一度しかない人生だ!そう簡単に死んでたまるかっ!」と手術を決意!! 左肺を2/3切除しました。

 

この時で癌の手術は3回目。

本人も手術に慣れてきてて、先生が 不安を和らげるような声かけをしてくれるも

「いや~もう3回もしとるけん大丈夫大丈夫!」と余裕のばぁちゃん☆

 

しかも手術が始まる直前、執刀医に、

「先生!左の肺じゃけんな~右でないんで。間違えんとってよ!」だって(笑)

間違うかいっっっ!!!! 手術直前まで笑わせてくれます。

こうして76歳の高齢にして 肺を2/3切除… 手術後、わずか2週間でさっさと退院!!

この時に看護師さんから

「鈴木さん、回復が早いし元気やね~。何か別の物飲んでるん?先生もビックリしとるよ。」

って言われたそうです。やっぱり回復のスピードが違うんでしょうね☆

 

そしていよいよ内服の抗がん剤治療…

 

つづく