健康コラム COLUMN

インフルエンザが出始めましたね…

平成29年11月10日

今年はインフルエンザのワクチンが品薄なようですね。

あれだけテレビで

「インフルエンザワクチンが品薄となっている模様」

って報道されると打つ気のなかった人まで、なんとな〜く打たないといけない気になる人多いでしょうね♪(´ε` )

 

インフルエンザといえば予防接種に、治療薬はタミフル!というイメージが定着していると思われますが、

インフルエンザの治療薬『タミフル』に異常行動が出た平成17年ごろから、

漢方薬でインフルエンザの治療薬はないのか!?

という研究が一気に加速しまして…

20051112

 

高熱や咳なんかに使う漢方薬って実は沢山あって、

 

 

漢方薬は病名(インフルエンザ、とか、自律神経失調症、とか、高血圧、とか。)

じゃなくて、

症状(頭痛、咳、高熱、動機とか)

で選ばれてきた医学です☆

 

 

 

その中でも、高熱によく使う麻黄湯という漢方薬があるんですが、

使う目安の症状はこれです。

 

高熱が出て、咳が出て、節々が痛む時に飲んでください。

baby1

この症状を聞いて思い浮かべる病気は?

 

そう。

インフルエンザです☆

 

 

麻黄湯は昔からインフルエンザに使われてきたんです☆

それを再度、ちゃんとした研究結果を出すために改めて研究されたわけです(o^^o)

 

 

結果!

福岡大学の研究により

麻黄湯、タミフルと同等の効果!

ってのが出たわけですよ。

それが一大ニュースになって新聞にも取り上げられてました☆

 

服用開始から平熱に戻るまでの平均時間は、タミフルが20・0時間、麻黄湯が21・4時間でほとんど差がなかった。解熱剤の平均服用回数はタミフルの2・4回に比べ、麻黄湯は0・6回と少なくて済んだ。

(2009年5月8日 読売新聞)

 

すごいですよね〜(o^^o)

 

これが出た時は僕らの中では「スゲー!やっぱ麻黄湯スゲー!インフルエンザの治療方針がこれで変わるかも〜!?」

って感動してたんですけど、

意外と一般の方には知られてなく…

img_01

もう10年近く前のデータですが、改めて取り上げてみました♪

インフルエンザになった時には対処法が色々ありますよ☆

タミフル、リレンザ、イナビル以外の治療法が!!

 

 

503、源液、麻黄湯の組み合わせ知ってれば、

全然なんとかなりますよ!!

(麻黄湯もメーカーによって品質が全然違うから買うとき気をつけてくださいね〜♪( ´▽`)

漢方薬は自然のもの由来だから品質に差がものすご出ます!!

いいメーカーの漢方は効きがマジで全然違うからっ!!!)

 

 

心配なら併用したらいいと思うしね〜♪

いいとこ取りしたらええねん♪

 

まぁ何よりかからないのが一番♪

睡眠とか栄養とかストレスとか、気をつけてしっかり予防してくださいね〜♪(´ε` )

 

邪気を払いましょう♪